‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

収納時にかさばる傾向がある

2014/07/04

ゴムや樹脂でできた非金属チェーンは金属製のチェーンと比べて騒音も少なく、ワンタッチタイプであれば取り付けやすいというメリットがあります。また金属製のものよりも高速で走行できるのも魅力の一つといえます。

 
ただしデメリットもないわけではありません。それは収納です。非金属製のチェーンは金属製チェーンよりもかさばるので、車内での置き場所に困ってしまうのです。雪国にお住まいの方でない限り、チェーンを普段から装着している人は少ないはずです。そもそも日常的に雪が降る地域で生活している人の多くは、スタッドレスタイヤを使用していますので、タイヤチェーンというものは、基本的にはあまり雪の降らない地域に住んでいる人が、積雪地帯にどうしても行かなければならない状況になった場合に、緊急避難的に利用するものなのです。

 
したがって常時利用するものではないので、通常は車内に収納しておかなければいけませんが、これは室内がさほど広くない車の乗っている場合や、乗車人数や荷物が多くなりがちな人の場合は大変大きな問題になります。タイヤチェーンを選択する際は、性能だけでなく自らの利用状況や、車内の空きスペースの有無などあらゆる面を考慮して選ぶことが大切です。gf1120110828l

金属製に比べると高価である

2014/07/04

雪道を走行すると気の強い助けになってくれるチェーンですが、これには大きく分けて金属のものと非金属のものがあります。
この両者にはそれぞれの特徴があり、一長一短があります。
そのため、どちらが良いというものではないため使用用途にあわせてもっとも、良い物を選ぶのが良いでしょう。

gf1120082666l

 

そこで、使用用途に合わせて選ぶためには両者の違いについて知っておくと便利です。
非金属チェーンですが、この特徴は金属のものに比べて比較的装着しやすいという利点があります。
そのため、チェーンの取付に慣れていない人でも簡単に装着できるのです。
しかし、金属のものに比べて高価という欠点があります。
また、値段が高いだけでなく金属の物から比べると、耐久性も低いものが多いので走行中に切れてしまったりなどしたら、新しいものを購入したり補修用のパーツを購入するのに、お金がかかってしまうという欠点があります。

 

 

コストの面で不利な非金属タイプのものですが、その代わり取り付けやすさと乗り心地が金属のものと比べて良いということと、高速走行も可能であるため、路面状況の良い場所では快適に走行をすることが出来るという利点もあるので、使用状況に合わせて選んでみるとよいでしょう。

耐久性に欠ける!

2014/07/04

積雪路を走る時にはノーマルタイヤでは走行することが非常に難しく、スタッドレスタイヤが必要となります。

 
しかし、それでも走行が困難になるような雪が積もった場所を走行する時に、大きな味方になってくれるのがチェーンです。
チェーンには金属のものと非金属のものがあり、それぞれに特徴があります。

 
どちらにも長所と短所があるために、どちらのほうが優れているとは言いづらく使用用途に合わせて、使い分けることが肝心です。

 

 

そこで、非金属チェーンの特徴ですが、これは金属のものに比べてまず着脱が容易ということがあります。

gf0110094133l
そのため、普段チェーンを巻いたことがないような人がいざと言う時に使うために、車に積んでおくのに最適といえるのです。
そして、金属の物から比べて乗り心地が良いといった特徴もあります。

 
更に乗り心地だけでなく、金属のものよりも高速走行をすることができるので道路状況が良い場所では、快適に走行をすることができます。

 

 

しかし、金属のものと比べて利点だけでなく当然劣る面もあり、とにかく金属のものよりも耐久性に欠けるという欠点があるのです。
金属のものはそうそう切れるものではありませんが、非金属のものだと状況によって簡単に切れてしまうこともあるのです。

非金属チェーンを使う欠点について

2014/07/04

雪道や凍結した道路を自動車で走行する場合、スリップを防ぐためにもタイヤに滑り止めをしなければいけません。
例えば、スタッドレスタイヤやチェーンです。特に雪が降り積もっている場合はチェーンを使用することが基本となっています。
そんなチェーンには大きく分けて二つの種類があります。

 
金属製のチェーンとそれ以外の材質から作られた非金属チェーンです。

gf0110053994l
一般的にチェーンというと金属製のイメージが強いですが、昨今は金属以外の材質でつくられた非金属のチェーンも多くなっています。
非金属のチェーンは材質が豊富であり、様々な環境下や状況に応じて使い分けの出来る使い勝手の良さが特徴であり、大きなメリットです。
また金属製のチェーンと比べて用途に応じたタイプが細かく分けられているので、きちんと使用用途に応じたチェーンを選ぶことで金属製のチェーンよりも性能が上になることもあります。

 
その一方で、非金属のチェーンにも欠点はあります。
それは金属以外の材質から作られているため、どうしても金属製のチェーンと比べると耐久性が低くなるということです。
また材質にもよりますが若干、高価になることもあります。

 
こうした欠点を踏まえた上で、自分にとって適切なチェーンを選んで使用することが重要です。

高速走行をしても快適である

2014/07/04

寒冷地などで積雪の多い地域に住んでいる方の場合では、通常では夏タイヤと冬用にスタッドレスタイヤを所有していることが一般的になります。

 

特に冬期間にアイスバーンや圧雪道路になるようなことが多い地域ではスタッドレスタイヤは必需品とされています。

 

その一方で、あまり積雪の少ない地域にお住まいの方の場合では、基本的には夏タイヤをメインとして装着し、路面状況に会合わせてチェーンを装着することが行われています。

 

古い時代では金属製のチェーンが主流として使用されてきましたが、現在では非金属チェーンというものが登場しており、使い勝手に優れたものとして人気を集めています。

 

このタイプのチェーンの場合では、装着しやすいことや、持ち運びや保管などに関しても比較的簡単に行うことができることも特徴とされているのですが、大きなメリットとして高速走行にも向いており、快適な運転を行うことが可能となります。

 

一般的な金属チェーンの場合では、時速30キロから40キロ程度が限界とされていて、あまりに速いスピードで走行させた場合ではチェーンが切れてしまい、何より運転上で振動が激しくなってしまいます。

 

しかし、樹脂製のタイプでは最大で時速50キロ程度までの耐用性を持っているために、スムーズな運転を行うことができます。023410

雪が積もった路面に強い特徴がある

2014/07/04

冬にスリップ事故が多発してしまうのは、タイヤの性能だけに頼って無理な走行する人が多いことが理由です。必要に応じて面倒でもチェーンの着用が必要で、特に北国の人や高速道路を走るときには規制が出ることもあるので、常に準備を整えておくことが肝心です。雪が降ったら車が滑ることを防ぐために欠かせないタイヤチェーンを、いつでも着脱できるように道具を一式そろえておくと良いです。

 

 
以前は金属のものが主流でしたが、道路を必要以上に削り空気を汚していたことと、切れやすかったり重みもあることなど問題点もあって、非金属チェーンが開発されました。一般的に路面に接地する部分に金属ピンが使われ、それが使われることで雪が積もった路面でもスムーズな走りが実現しています。取り付けが簡単にできますし、性能が向上していてアイスバーンや降り積もった量がある程度あっても、登坂なども行えるようになりました。耐久性も向上し長年使用できるようになったことも魅力です。

 
しかし、装着しているからと言ってスピードの出しすぎはいけません。車間距離などにも注意が必要です。また、チェーンが梯子型や亀甲型などいろんなタイプがあるので、それそれの車とタイヤの特徴に合わせて選ぶ必要があります。019807

騒音や振動が少ない!

2014/07/04

006241冬期間などをメインとして利用する自動車用品の中には、タイヤに巻き付けて使用するチェーンが用意されています。

 

夏道ではなく圧雪道路や積雪の多い道路などで活躍することができるものとして活用されているのですが、チェーンはかつては金属製のものが主流に使用されてきた経緯があります。

 

金属製の場合では走行中に破損してしまうことが無いように大き目の鎖で構成されたものが多い傾向にありますが、近年では新しく非金属チェーンという樹脂をメインとして作られているものが用意されています。

 

樹脂製の場合でも、道路に接する部分にはいくつもの金属のピンのようなものが設置されているために、雪道であっても比較的安全走行を行うことが可能とされています。

 

また、金属製の大きなタイプと比較を行った際には振動がかなり軽減されることがメリットとされています。

 

振動に関しては、構造上のこととして、厚みが均一に仕上がっているもので薄型タイプが主流とされているために、あまり不具合を感じないことにあります。

 

また、同時に騒音なども金属製のタイプと比較すると、かなり軽減されることもメリットになります。

 

 

騒音に関しては、金属製と比較すると。凹凸の部分ができるだけ少ないものに仕上がっているために実現されているものになります。

取り付けが簡単なものが多い!?

2014/07/04

寒冷地では無く比較的温暖な地域に居住されている方の場合では、自動車のタイヤについてはスタッドレスタイヤを所有していない方が多い傾向にあります。

 

降雪が観測されるような場面であっても、気温によって直ぐに溶けてしまうことが多く、実質上スタッドレスタイヤを必要としないケースも多々見られます。

 

しかし、時には山間部などを走行させたり、都市部であっても、まとまった積雪が観測されてしまうこともあり、場合によっては夏タイヤでの走行が危険になってしまうケースもあります。

 

この対策として用いられているものには、非金属チェーンと呼ばれているものがあり、樹脂製のバンドと金属製のスパイクで構成されているものがメインとされています。

 

このタイプのものはこれまで数多く発表されてきましたが、近年では品質も飛躍的に向上している部分になり、中でも取り付けを簡単に行うことができるタイプも多く発表されています。

 

取り付けに関しては、自動車のタイヤを持ち上げたり、移動したりせずに行うことができるタイプが主流とされていて、専用の工具を利用してロックをかけることによって、完全に外れてしまうことが無く活用できるものになります。

 

トランクなどにも簡単に収納できるために、使い勝手に優れています。

非金属チェーンを使う利点について

2014/06/20

寒冷地に住んでいる人にとっては、雪道を運転する時に困らないように自動車は寒冷地仕様となっておりスタッドレスタイヤがつけられ、必要に応じてチェーンを利用するというのが一般的です。

 
しかし、雪に慣れていない地域の場合、スタッドレスタイヤはつけておらず、急な雪にはチェーンでなんとか対応するという形になってしまいます。
こうした時に以前は金属製のチェーンしか選択肢はありませんでしたが、昨今は金属以外の材質から作られた非金属チェーンが普及しています。
金属以外で作られたチェーンを使う利点は、材質の持っている性質によって様々な環境状況に合わせて使うことが出来るので、汎用性が高いということです。

000829
また金属チェーンの場合、雪がないところを走ると騒音が上がりますし、道路を傷つける危険もあります。

 
そのため、道路の状況に合わせて付け外しをしなければいけません。

 
しかし、非金属の場合は、金属と違って雪がないところでも静かに走ることが可能としており、その際に道路を傷つけることもないため、雪が積もっている時だけではなく天候や道路の状況に応じて必要な時に使い回しをすることが出来るのです。
このように非金属のチェーンを使う利点は多々あり、用途に応じて選ぶことが大切です。