収納時にかさばる傾向がある

ゴムや樹脂でできた非金属チェーンは金属製のチェーンと比べて騒音も少なく、ワンタッチタイプであれば取り付けやすいというメリットがあります。また金属製のものよりも高速で走行できるのも魅力の一つといえます。

 
ただしデメリットもないわけではありません。それは収納です。非金属製のチェーンは金属製チェーンよりもかさばるので、車内での置き場所に困ってしまうのです。雪国にお住まいの方でない限り、チェーンを普段から装着している人は少ないはずです。そもそも日常的に雪が降る地域で生活している人の多くは、スタッドレスタイヤを使用していますので、タイヤチェーンというものは、基本的にはあまり雪の降らない地域に住んでいる人が、積雪地帯にどうしても行かなければならない状況になった場合に、緊急避難的に利用するものなのです。

 
したがって常時利用するものではないので、通常は車内に収納しておかなければいけませんが、これは室内がさほど広くない車の乗っている場合や、乗車人数や荷物が多くなりがちな人の場合は大変大きな問題になります。タイヤチェーンを選択する際は、性能だけでなく自らの利用状況や、車内の空きスペースの有無などあらゆる面を考慮して選ぶことが大切です。gf1120110828l

コメントは受け付けていません。