非金属チェーンを使う欠点について

雪道や凍結した道路を自動車で走行する場合、スリップを防ぐためにもタイヤに滑り止めをしなければいけません。
例えば、スタッドレスタイヤやチェーンです。特に雪が降り積もっている場合はチェーンを使用することが基本となっています。
そんなチェーンには大きく分けて二つの種類があります。

 
金属製のチェーンとそれ以外の材質から作られた非金属チェーンです。

gf0110053994l
一般的にチェーンというと金属製のイメージが強いですが、昨今は金属以外の材質でつくられた非金属のチェーンも多くなっています。
非金属のチェーンは材質が豊富であり、様々な環境下や状況に応じて使い分けの出来る使い勝手の良さが特徴であり、大きなメリットです。
また金属製のチェーンと比べて用途に応じたタイプが細かく分けられているので、きちんと使用用途に応じたチェーンを選ぶことで金属製のチェーンよりも性能が上になることもあります。

 
その一方で、非金属のチェーンにも欠点はあります。
それは金属以外の材質から作られているため、どうしても金属製のチェーンと比べると耐久性が低くなるということです。
また材質にもよりますが若干、高価になることもあります。

 
こうした欠点を踏まえた上で、自分にとって適切なチェーンを選んで使用することが重要です。

コメントは受け付けていません。