雪が積もった路面に強い特徴がある

冬にスリップ事故が多発してしまうのは、タイヤの性能だけに頼って無理な走行する人が多いことが理由です。必要に応じて面倒でもチェーンの着用が必要で、特に北国の人や高速道路を走るときには規制が出ることもあるので、常に準備を整えておくことが肝心です。雪が降ったら車が滑ることを防ぐために欠かせないタイヤチェーンを、いつでも着脱できるように道具を一式そろえておくと良いです。

 

 
以前は金属のものが主流でしたが、道路を必要以上に削り空気を汚していたことと、切れやすかったり重みもあることなど問題点もあって、非金属チェーンが開発されました。一般的に路面に接地する部分に金属ピンが使われ、それが使われることで雪が積もった路面でもスムーズな走りが実現しています。取り付けが簡単にできますし、性能が向上していてアイスバーンや降り積もった量がある程度あっても、登坂なども行えるようになりました。耐久性も向上し長年使用できるようになったことも魅力です。

 
しかし、装着しているからと言ってスピードの出しすぎはいけません。車間距離などにも注意が必要です。また、チェーンが梯子型や亀甲型などいろんなタイプがあるので、それそれの車とタイヤの特徴に合わせて選ぶ必要があります。019807

コメントは受け付けていません。